教員紹介

  1. ホーム > 
  2. 教員紹介 > 
  3. 横山 ひとみ
社会心理学研究室 

社会の中で相互に作用しあう人の心を科学する

調査や実験によって取得したデータの分析を通して、社会的場面において互いに 影響を与えあう人の心のはたらきや行動を理解する

研究キーワード:社会心理学/対人行動/コミュニケーション

准教授

横山 ひとみHitomi Yokoyama

学位

博士(人間科学)

略歴

2012年、大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程を修了し、博士(人間科学)の学位を取得。東北大学電気通信研究所産学官連携研究員、東京農工大学大学院工学研究院特任助教を経て、2018年度より岡山理科大学経営学部准教授。

担当科目

専門分野

研究内容

社会心理学では、私たちが社会で暮らす中で抱く素朴な疑問や問題意識を出発点として、「なぜ」、すなわち人はどのような社会的な行動をとり、そこにある法則を解明する学問です。その際に、重要となってくるのは、検討したい「なぜ」について、適切な手順、適切なデータの収集方法、適切な分析の手法を選択することです。

これまで、説得と対人コミュニケーションを研究キーワードとし、人が説得しようとする時の行動、人が説得される要因について研究してきました。この研究を拡張することは、商品やサービスの提供者が消費者にアプローチする際やその逆の場合にも役立つと考えられます。また、説得場面のみにとどまらず多様な場面における人の心のはたらきと行動に疑問を持ち、その行動や心理メカニズムを解明するために実験、調査、観察などによってデータを収集し、分析を行っています。

プロフィール

好きな言葉

‘Whether you believe you can do a thing or not, you are right.’

趣味

  • 旅行
  • 観劇

休日の過ごし方

  • カフェでコーヒーを飲みながらのんびり過ごす
  • 興味のある資格取得のために勉強をする
  • 旅行本を読む。年に数回は気に入った場所に旅に出かける
Pamphlet Download
パンフレットダウンロード

経営学科パンフレット

facebookfacebook

Copyright (c) Okayama University of Science. All Rights Reserved.
PAGE TOP