データサイエンス

マーケティング

That´s Innnovation!

マネジメント専攻

起業・事業開発を目指す・
地域課題を解決する
2021年4月
社会人と学生が一緒に学ぶ新しい大学院
『理大マネジメントスクール』が
岡山の地に誕生します

岡山理科大学マネジメント研究科、通称「理大マネジメントスクール」では、これまでの経営学の体系的な学びを深めることに加え、「“いま(これから)”の経営学」 を追求していきます 。そのために日本の学術・研究をリードする教授陣と実践的なプログラムを用意しています。あなたの将来の可能性をさらにここで伸ばしてみませんか。

Marketing価値共創研究で日本をリードする

Vargo and Luschに端を発するサービス・ドミナント・ロジックの中核概念である「価値共創」はマーケティング研究にさまざまな議論を生むに至りました。これらの概念は、既存のマーケティング研究のパラダイム・シフトを促す契機となったばかりか、10年超の時間を経て解釈に進展がみられます。この研究分野をリードしているのが、岡山理科大学経営学部、および大学院マネジメント研究科です。

企業が顧客と価値共創しようとしたとき、顧客の価値創造を促進することを念頭に置きながら直接的な相互作用を求めて活動します。このことに焦点を当て、マーケティング活動に留まらない企業の戦略や行動に、どのような変化が生じるのかに注目してきました。本研究科では、実践的な側面と学術的な含意との接点を議論しながら、結果的にマーケティング研究の新地平は企業活動のどのような実践を捉えているのかについて検討していきます。実務における新たな知見の獲得と研究の進展の双方の成果を求めて一緒に価値共創研究を行いませんか。

村松 潤一 教授
【研究分野】マーケティング

わが国の価値共創理論研究の第一人者。サービスの考え方にもとづいた日本発のマーケティング理論と手法を提示することを進める。

宮脇 靖典 教授
【研究分野】イノベーション

30年余の間、㈱電通に勤務のマーケティング実務のスペシャリスト。日本でみられる価値の共創が社会や文化の特性をどのように反映しているのか、研究を進める。

マーケティング:大藪 亮 教授、張 婧 講師
経営戦略:山口 隆久 教授等

Data Analysisデータから新しい価値を読み解く

ビッグデータやIoT、そしてAI(人工知能)と続く現代において、数字に強い人材が求められています。人文や社会科学分野、いわゆる文系分野においても、膨大なデータを統計学的に解析した数値から因果関係を発見したり、そこから意味を読み取る力が必要とされています。

マネジメント研究科では、ビジネスデータ分析演習やマーケティングリサーチ演習、戦略情報システム演習など、データから意味を発見し、新しい理論を構築する科目とゼミがそろい、しっかりとした分析能力を身につけることができます。本研究科で、各種データを学術的に分析できる力によって、今までの世の中になかったような新しいビジネスを発見し、創造することができる人材になりませんか。

森 裕一 教授
【研究分野】ビジネスデータ分析

統計学や情報処理などの情報技術を駆使し、企業がもつ膨大なデータを処理し、データから価値を創出し、ビジネスの課題に対する解決策を示すことを進める。

黒田 正博 教授
【研究分野】マーケティング・データ分析

マーケティング・データ分析 ビジネス上での市場データの分析で使う統計計算法の研究とデータの調査項目の関係性をデータから探索していく研究を進める。

社会心理学:横山 ひとみ 准教授
地域経済:南川 高範 講師等

Research Careerリサーチキャリアを築く

岡山理科大学大学院は、全ての研究科で修士課程、博士課程(後期)を設置しているのが大きな特徴で強みです。マネジメント研究科の前身となる総合情報研究科でも、これまで多数の優秀なスペシャリストを輩出してきました。岡山理科大学だけでなく、多くの大学や企業の研究・教育の場において活躍されています。

また、マネジメント研究科(修士課程)では、2023年4月から博士課程(後期)の設置を予定しています。本研究科では、これまでの実績からも、次世代の研究者・スペシャリストになるためのリサーチキャリアを構築できます。あなたも、本研究科「理大マネジメントスクール」で、次世代のスペシャリストになり、将来の社会で活躍できるキャリアを身につけませんか。

大学の研究・教育の場で活躍する修了生 (総合情報研究科)

三好 純矢 先生

大手メーカー → 岩手県立大学 講師

【研究分野】 マーケティング、価値共創

高橋 良平 先生

銀行 → 倉敷芸術科学大学 講師

【研究分野】 ファイナンス、マーケティング・サイエンス

マネジメント研究科の特徴

Point1

学修課題を複数の科目等を通して体系的に履修できる

マネジメント系列と事業開発プロジェクト系列の2つの系列の科目群から編成しています。これらの系列には、マーケティング及びデータサイエンスに関連する科目が充実しており、社会人の学び直しが可能な科目も含まれています。学生の目指す進路によって、各系列の科目を柔軟に履修することができます。

マネジメント系列

マネジメント系列は、主に研究方法や最新の理論を身に付ける科目群から構成しています。また、連携する企業・団体においてインターンシップを経験できる科目も含まれています。
大学院博士課程(後期)進学を希望する者に対しては、アカデミックな研究能力を養うために外国文献研究および演習を実施します。

事業開発プロジェクト系列

事業開発プロジェクト系列は、高度な知識を獲得できる科目群および実践的に学ぶ演習系科目群から構成しています。
企業戦略、マーケティング、サービス開発、ファイナンスなどの企業経営課題に取り組んでいくために、フィールド(経営の現場)での調査・分析・診断・助言・戦略策定など、「体験を通じた学習」を展開します。

Point2

社会人も学びやすい履修システム

  • 社会人学生の状況に応じて、平日夕方や土曜日での受講を可能としています。
  • インターネットを利用したeラーニングシステムや遠隔授業システム、集中講義での開講も検討しています。
  • 標準修業年限は2年ですが、「長期履修学生制度」を利用すれば、3~4年かけて履修できます。なお、この制度を利用しても、授業料は標準修業年限と同額です。
Point3

授業料は年間50万円

学費は、授業料、実験実習費、施設設備と合わせて、2年間で125万円です。入学金10万円と合わせても、国立大学と同等の学費になります。

概要

研究科名称 岡山理科大学大学院 マネジメント研究科 マネジメント専攻
学位 修士(マネジメント)
入学定員 12名
所在地 岡山理科大学 岡山キャンパス
〒700-0005 岡山市北区理大町1-1
入学者選抜 推薦入試、一般入試、社会人特別選抜、外国人留学生特別選抜
受講期間区分 標準修業年限2年、最長4年(長期履修制度利用可)
受講時間・回数 32単位
受講時間帯 平日夕方、土曜日の時間帯を検討中
学費 1,350,000円(2年間)
  入学年次 2年次
入学金 100,000円  
授業料 500,000円 500,000円
実験実習費 50,000円 50,000円
施設設備費 75,000円 75,000円

※本学及び関連大学(倉敷芸術科学大学、千葉科学大学)出身者については、入学金が免除されます

設置の趣旨

本研究科の開設趣旨は、基礎的学術知を有する学部新卒者や留学生と、実践知が豊富な社会人学生とが相互に刺激を与え合うような「場」(学習環境)の設定を行うことによって、自ら課題を見つけ、考え、その課題に立ち向かうことで、地域において新しい事業や価値の創造に貢献できるマネジメント能力を持つ人材を養成することです。岡山県にこのような「場」を設定するマネジメント系大学院を開設するのは、次のような社会的要請に応えるためです。

  • 大学の「知」の集結による地域社会への貢献 本学は、学部・研究科における教育研究成果によって得られた理学系、工学系、情報系及び社会科学系の知的財産を地元産業の発展や地域の活性化に活用し地域と一体となることで、地域社会に大きく貢献してきました。さらに、平成29(2017)年度の経営学部の開設によって、企業や自治体に深く関わり、これらの抱える課題に対して協働して解決する実績を蓄積してきました。これにより、経営やマネジメントの分野で地域の企業や自治体などの団体と一体となって研究するベースができあがり、この領域の研究レベルでの地域社会貢献が期待できると考えています。本学自体が総合大学として発展していく中で、総合的な「知的財産」を地域社会・経済の自立的発展に積極的に役立てていく必要があると考えます。
  • 革新的なマネジメント力の育成 企業を取り巻く経営環境は、国際化・情報化等の急速で著しい変化が生じており、企業・組織経営において既存のビジネスモデルを継続する戦略のみでは競争力が維持できなくなっています。したがって、このような経営環境においては、理論に裏打ちされた実践能力という高度な専門的知識を有した経営のプロフェッショナルの養成が不可欠となっています。

当然、このような高度かつ専門的なマネジメント能力を有する人材養成の使命を帯びる大学院への期待も年々高まっており、かつ、地域において新しい事業や価値の創造に貢献できるマネジメント力を備えた人材を養成することが、地域の活性化にとっても不可欠な課題となっています。そこで、現在の総合情報研究科社会情報専攻を改組、総合情報研究科から分離独立させ、企業をはじめとする組織体の経営が直面する様々な問題に対応できる革新的なマネジメント力を備えた人材を養成する教育研究組織として、本研究科を設置します。

人材育成の基本的な方向性

本研究科は、経営学部を基礎としてその教育研究をさらに発展させることにより、これからの社会を展望し、サービス産業を中心とした新たな時代のビジネスに不可欠な人材を養成しようとするものです。
ここでいう「ビジネス」とは企業活動のみならず行政やNPO等、営利・非営利を問わず多様な組織が行う活動を指します。本研究科は、このような「広義」のビジネスについて、企業経営、金融、グローバルビジネス、公共経営や観光、公共政策、文化の分野におけるマネジメント課題に高度に対応できる人材の養成を目指します。
したがって、本研究科の養成する人材像は、学部の基礎専門教育または社会での実践を通して身につけた専門的能力を発展させ、自ら課題を見つけ、考え、その課題に立ち向かうことで、地域において新しい事業や価値の創造に貢献できるマネジメント能力を持つ人材です。具体的には「民間企業や官公庁での組織運営、戦略立案、研究・調査業務及び政策立案に携わることのできる人材」や「社会に対し新たな価値を創造、発信する起業家」を育成します。また、マネジメント分野における研究者として博士課程(後期)への進学を目指す人材の育成にも取り組みます。

入試概要

入試区分 願書受付期間(必着) 入試日 選考方法 募集人員
推薦入試 2020年6月11日(木)~ 2020年6月25日(木) 2020年7月4日(土) 面接(口頭試問) 12名
一般入試(前期) 2020年8月3日(月)~ 2020年8月24日(月) 2020年8月28日(金) 小論文、
英語、
面接(口頭試問)
一般入試(後期) 2021年2月1日(月)~ 2021年2月12日(金) 2021年2月27日(土)
社会人特別選抜(前期) 2020年8月3日(月)~ 2020年8月24日(月) 2020年8月28日(金) 小論文、
面接(口頭試問)
若干名
社会人特別選抜(後期) 2021年2月1日(月)~ 2021年2月12日(金) 2021年2月27日(土)
外国人留学生特別選抜Ⅰ期 2020年8月24日(月)~ 2020年9月11日(金) 2020年10月3日(土) 書類審査、
小論文、
面接(口頭試問)
若干名
外国人留学生特別選抜Ⅱ期 2020年10月19日(月)~ 2020年11月6日(金) 2020年12月5日(土)
外国人留学生特別選抜Ⅲ期 2021年2月1日(月)~ 2021年2月12日(金) 2021年2月27日(土)

2021年度 大学院春入学・秋入学 入試要項
(デジタル版)

マネジメント研究科の基礎となる学部

マネジメント研究科は、2017年に開設した経営学部の理念を引き継ぎ、学際的教育研究を促進し、深化させます。

マネジメント研究科のリーフレット

お問い合わせ先
岡山理科大学経営学部経営学科 学科長 大藪 亮
Tel & Fax: 086-256-9554(研究室直通)

PAGE TOP

Copyright (c) Okayama University of Science. All Rights Reserved.