スタッフ一覧

スポーツデータサイエンス研究室

スポーツや身体活動中のデータを
分析する

スポーツサイエンスのアプローチから、さまざまなデータを集めて分析し、新しい知見を発見する。

研究キーワード:運動/体力/健康/バイオメカニクス/動作解析

講師

石田 恭生Yasuo Ishida

学位

博士(健康科学)

略歴

川崎医療福祉大学大学院修了後、2008年から加計学園事務職員。岡山理科大学、倉敷芸術科学大学、千葉科学大学および玉野総合医療専門学校等で勤務し、在職中に川崎医療福祉大学大学院博士課程へ。2021年に博士(健康科学)の学位を取得し、2022年度より岡山理科大学経営学部講師。

担当科目

  • スポーツトレーニング論
  • スポーツデータ解析
  • スポーツデータ実践講座
  • スポーツ現場実習
  • 基礎教養ゼミナール
  • イノベーション・ラボⅠ・Ⅱ
  • 卒業研究Ⅰ・Ⅱ

専門分野

  • 運動生理学
  • 環境生理学
  • 健康科学

研究内容

スポーツや身体活動中のデータを分析・解析し、パフォーマンスの向上や健康や安全に関する提言を目的に研究を行っています。
近年、ウェアラブルな機器が増加し、心拍数、体温、酸素摂取量の測定だけでなく、移動距離や速度、加速度なども簡単に測定できるようになりました。また、それらのデータは瞬時にフィードバックできることから、多くのスポーツで注目され、パフォーマンスの向上に貢献しています。スポーツ用品の開発やスポーツ施設での活用も可能です。
運動生理学やバイオメカニクスの分野を主軸におき、競技スポーツおよび生涯スポーツに関連する研究を中心に実施していきます。

プロフィール

好きな言葉

どんなことも楽しむ。気になることは、とにかく調べる。

趣味

外で体を動かすこと。

休日の過ごし方

外出を控える時代だからこそ、家で子どもと過ごす時間を大切にしています。

このページのトップへ