スポーツアナリティクス研究室

石田先生に、ゼミの様子を聞いてみました

Q.先生のゼミでは、どのような指導をされる予定でしょうか。

A.スポーツだけではなく広い意味での運動(身体活動)について、スポーツサイエンスの観点で研究を行っています。ゼミの学生は、自分の興味・関心があるテーマを見つけ、過去の研究を調べ、実験・研究を行っていく予定です。研究を進めるための基礎知識として、運動によって身体はどのような反応をするのか?トレーニングの効果とは?などについても勉強していきたいと考えています。

Q.先生のゼミで大切にしていることは何でしょうか。

A.2年間のゼミ活動は、社会に出るための準備の期間でもあると思います。人の話に耳を傾け、考えに触れ、理解し、議論し、時には悩んで、喜びや悲しみを分かち合って成長すると思います。一緒に楽しみ、一緒に苦労して、私も含めてみんなで成長していければと思います。

Q.最後に本学科の3年生の学生に対して、スポーツアナリティクス研究室についてご紹介をいただけますか。

A.本研究室では、運動生理学やバイオメカニクスなどの分野の研究を中心に行っていきます。スポーツに焦点を当てた研究や健康や疾病予防につながる研究を行うことで、競技成績の向上や健康づくりにつながることを期待しています。新しい発見、新しい着眼点での研究によって、社会に貢献していきたいと考えています。

石田先生、研究室紹介にご協力いただきありがとうございました。

このページのトップへ