スタッフ一覧

マーケティングデータ分析研究室

データを“見える化”し
社会における諸問題を解決

データを視覚的に表現することで、数値に隠された本質を直観的に把握し、マーケティングをはじめとするさまざまな分野の課題を解決する。

研究キーワード:データの視覚化/データ分析/データサイエンス/多変量解析/消費者行動

講師

藤原 美佳Fujiwara Mika

学位

博士(理学)

略歴

テレビ・ラジオの番組制作や出演を経て、起業(映像制作:ミカプロ)。その後、2019年に岡山大学大学院社会文化科学研究科を修了し、中国短期大学助教、講師。2022年に岡山大学大学院環境生命科学研究科で博士(理学)の学位を取得。2022年度より岡山理科大学経営学部講師。

担当科目

  • 情報リテラシー
  • データサイエンス入門
  • マーケティング・モデリング
  • イノベーション・ラボⅠ・Ⅱ
  • 卒業研究Ⅰ・Ⅱ

専門分野

  • データサイエンス
  • 消費者行動

研究内容

データに統計的な手法を適用し、得られた結果から消費者の購買行動を把握することは、マーケティングデータ分析の主要な目的の一つです。また、分析には、データを分かりやすく視覚化できるグラフ表現がよく用いられます。
そこで、大きく2つの研究テーマに取り組んでいます。
まず、データの特徴を視覚的に表現する方法(グラフ表現)の開発です。グラフによりデータを視覚的に表現することで、数値だけではわかりにくいデータの特徴を直観的に把握することができます。例えば、時間的な変化を知りたいときには折れ線グラフを用いることでデータの傾向を一目で知ることができます。このように、実用性の高いグラフ表現を新たに開発し、その有用性を検証しています。
次に、消費者の購買行動に関連する要因の分析です。例えば、ファストファッションの購買行動に関するデータを統計的な手法を用いて分析し、その特徴や購買行動を高めるための要因について研究しています。

プロフィール

好きな言葉

一期一会

趣味

  • ドライブ
  • カフェ巡り
  • 写真撮影・動画制作

休日の過ごし方

ドライブをしながら四季のお花・風景の撮影や鑑賞に出掛けたり、カフェ巡りをしています。
雨の日は、撮りためた写真の整理や動画の編集をしています。

このページのトップへ