学生生活
キャンパスライフ

  1. ホーム > 
  2. 学生生活 > 
  3. キャンパスライフ > 
  4. イノベーション・ラボ:今年度ラボがついに開講!

キャンパスライフ

イノベーション・ラボ:今年度ラボがついに開講!

2020/05/08

2020年5月8日(金)、待ちに待った、イノベーション・ラボが本日より開講されました。
対面授業が出来ないため、オンラインミーティングシステムを使用して授業を行うラボも。

写真は、山口学部長による「学生が“社会にいいこと”をするラボ」の様子。
山形先生も、非常勤講師の鈴川先生もオンライン参加中!
このラボでは、クラウドファンディングを活用し、学生のアイデアで社会貢献を果たすことを課題としています。
自己紹介の様子では、多くの学生がクラウドファンディングに興味を持ち、このラボへの所属を希望したようでした。

こちらは「赤磐市のまちづくりラボ(仮称)」の様子。
後ろ姿の横山先生と、画面の中には張先生もいらっしゃいます。
赤磐市の特徴を理解し整理したうえで、実際的に赤磐市のまちづくりに寄与する企画や施策を立案、実行します。
受講生には事前に連携先の赤磐市より頂いたパンフレット等の資料が郵送で届いています。
オリエンテーションと自己紹介を行い、赤磐市に対する意識調査の実施と、赤磐市のクイズを作成する、という課題が出されました。

こちらは、「吉備中央町のまちづくりラボ(仮称)」の様子。
鷲見先生と、奥には南川先生がいらっしゃいます。
ラボ名が(仮称)となっているのは、これからラボの受講生たち自身でラボ名を考える為だそうです。
広く吉備中央町の資源を探求し、現実的に「まちづくり」に資する企画や施策を立案、実行します。

最後に、「私たちのメディアを創るラボ」の様子。
松村先生にとってもさわやかなカメラ目線をいただきました!
画面の中には八木先生もいらっしゃいます(実際には同じ部屋にいらっしゃいました(笑))。
連携先である山陽新聞社の資産や価値について調べ、2030年における社会課題に新聞社がどうかかわるかを考察し、「私たちのメディア」としての山陽新聞の役割とビジネスモデル構想を提案します。

このほかに、今年度は「SDGsラボ」、「スポーツで地域を元気にするラボ」、「若者が集まる場を創造するラボ」、以上の7つのラボが実施されます。

すべてのラボの概要はこちらで紹介されています。

今後も引き続き、イノベーション・ラボの様子を報告していきます!

文:木村真紀(イノベーション・ラボセンター)、写真:森 裕一、木村真紀

Page top