学生生活
キャンパスライフ

  1. ホーム > 
  2. 学生生活 > 
  3. キャンパスライフ > 
  4. 経営学部の動画撮影(その1)

キャンパスライフ

経営学部の動画撮影(その1)

2017/07/07

経営学部では,動画を積極的に導入。たちまちは,学部の様子を知ってもらうためのものですが,学部の教育や研究を紹介する動画も作成し,広く経営学部を理解してもらおうと思っています。

その学部紹介(いわゆるCM)は,開設前年度の昨年度に公開。フルバージョンとTVCMバージョン(15秒バージョン)があり(実際の動画はこちらから),そのメイキング映像もアップしました。

今回,学部の教育・研究の中心的学問である「マーケティング」と「データサイエンス」のおもしろさを伝える「経営学miniレクチャー」を作りました。すでに,静止画(紙やホームページ)では,いくつものコンテンツを公開してます(ページ末尾をご覧ください)が,その中から選りすぐりの話題を動画版に仕上げました。
そこでは,経営学部CMのメインキャラクターを務めてもらった梶原 凪さんに登場してもらい,彼女が本学の先生にマーケティングとデータサイエンスのおもしろさを教えてもらう,というシナリオです。題して,「岡山理大の経営学miniレクチャー」。ここでは,その撮影風景をこっそりご紹介します。

「人間,左回りの法則?!」・・・凪ちゃんと大藪先生

4月6日(木),朝9時にスタッフ集合。場所は,本学のコンビニ「グランドマート」さん。動画の撮影・編集は,アートテレビのみなさんです。

撮影は,効率を考えて,シナリオの各シーンをバラバラに撮っていきます。それぞれのシーンに合わせて,機材がセットされます。
本学側の出演者は,マーケティングが専門の大藪先生。緊張をおくびにも出さず(?),凪ちゃんとのかけあいのシーン,1人だけのシーン,声だけの録音,と,スターばりに,役をこなしていました。リハーサルの後,本番となりますが,撮り直しもほとんどなく,とても順調でした。
凪ちゃんの1人のシーン,こちらは,さすがにプロどおし,てきぱきと撮影が進みます。途中,ちょうど通りがかった経営学科の1年次生数名に,エキストラとして,お客さんの役をしてもらいました。

 

 

そうして,できあがったのが,岡山理大の経営学miniレクチャー「マーケティング編」。どうぞ,本編をご覧いただき,マーケティングのおもしろさを楽しんでください。

「合わせ買いを見つけよう!」・・・凪ちゃんと黒田先生

第2弾は,「データサイエンス編」。データサイエンスを専門とする黒田先生が登場するとともに,データの集計の仕方を学生たちが自らの動きでもって(?!)示します。
撮影は,3月26日(日)と4月6日(木)。凪ちゃんと黒田先生とのツーショット,および黒田先生単独のシーンは,大藪先生より前の26日に撮影されました。場所は,本学のコンピュータ実習室A。
うーん。黒田先生の固さは抜けないけど,監督さんからは特に演出はない・・・その素人感がいいみたいです!
この日は,動画撮影の初日でしたので,何度かリハーサルを繰り返したり,途中でシナリオの確認をしたりしながらの撮影となりました。

 

ストーリーは,「レシートを調べれば,購買の様子,特に,合わせ買いの傾向がわかりますよ」というお話。実際はPOSデータをコンピュータで集計しますが,ここでは,コンビニで買った商品ごとに,実際に買った人たちに並んでもらい,集計を目に訴えようという凝った演出。社会情報学科の2年次生から4年次生の学生たち有志に手伝ってもらいました。
撮影は,コンビニ撮影のあった6日。階段教室での撮影では,商品ごとに並ぶ人が入れ替わるので,立ち位置や手の上げ方を変わらないようにするのに一苦労しました。

 

できあがったデータサイエンス編」は,次のリンクからどうぞ。単純なデータ集計でも思わぬ傾向が発見できるデータサイエンスのおもしろさを楽しんでください。

マーケティングやデータサイエンスのおもしろさを伝える冊子やホームページもどうぞ

Page top