学生生活
学生コラム

  1. ホーム > 
  2. News > 
  3. 莉莉の台湾留学日記③

学生コラム

莉莉の台湾留学日記③

2019/06/05

皆さんこんにちは。莉莉(藤村有理)です。
岡山もだんだんと暑い季節になってきたのではないでしょうか?(/・ω・)/
こちらは相変わらず蒸し暑い毎日です。(; ・`д・´)

こないだ友達と台北101付近のショッピングモールへ出掛けた際、テレビの撮影で有名な方が来ていたらしくものすごく人だかりができていました。
私たちは近くの椅子に座っていたのですが、突然その方が私の所へ走ってきて、なんとインタビューされました。自分が撮影されるなんて想像していなかったので混乱して何を話したか全く覚えていません(´;ω;`)
その方と一緒に写真を撮りました(^^)/ とても気さくで良い方でした。

台湾の沈玉琳という芸人さんだそうです。
https://zh.wikipedia.org/zh-tw/%E6%B2%88%E7%8E%89%E7%90%B3

このときは、日本のゴールデンウイークだったので、とてもたくさんの日本人を見かけました!
残念ながら、台湾にはゴールデンウイークはないので、私は毎日学校でした(゚∀゚) 羨ましい。

沢山の観光客が台北101を背景に写真を撮っていたので私も観光客になりきってみました( *´艸`)

本屋さんにも寄ったので、今回は、『君の膵臓を食べたい』と『二度目の夏、二度と会えない君』の二冊を買ってみました。

もちろん、中国語に翻訳されています。中国語の勉強にもなるし、元々文章を書いたり読んだりするのが大好きなので(友達からは「そうは見えないと」よく言われます。。)
去年、初めて台湾の本屋さんに来て、日本で出版された本が中国語に翻訳されて売られているのを見たときは、とても感動しました(/・ω・)/ というのも、日本にいたときもインターネットで中国語の本を買おうとしたのですが、まったく見つからなかったもので ( ;∀;)

この前、友達の誕生日だったので、いつも仲良くしてくれているメンバーのみんなとご飯を食べてきました。去年3月に台湾研修に来たとき知り合った友達です(*’▽’)

 

やはり、毎日の生活の中で台湾人同士が話している中国語を聞いたとき、話す速度が私にとっては速すぎるのと、日本と同じで、流行りの若者言葉や台湾語などを使ったりするので、話にすんなりと入っていくのは難しいです(; ・`д・´)
彼女たちが言ったことを理解しようとするので精一杯(; ・`д・´)
でも、最近では、授業でも先生や学生が言っていることを何となく理解できるようになってきました(中国語が分かってきてるのかも!(自己評価))。もしわからない単語があればいつもすぐ調べてメモ帳に書き留めるようにしています。

留学も残りあと1か月半となりました。7月には日本にいるという実感が全く湧いていません(; ・`д・´) それだけ台湾にも馴染めたということでしょうか。実際初めは物凄くしんどかったです。周りの友達や先生にも中国語めちゃくちゃ進歩したね!と言われます。自分でも確かに進歩はしたと思います。日常生活において困ることはあまりないぐらいの中国語は話せるようにはなりましたが、私が目指しているものはまだまだこんなものではないので、残り一か月半悔いのないようにまだまだ頑張りまっす!!!!!!!!

(藤村さんの体験記は、大学ホームページの「留学体験レポート」にも掲載さ入れています。)

文:藤村有理(2019/05/17記)

Page top